Startseite
  Über...
  Archiv
  Gästebuch
  Kontakt
  Abonnieren
 


 
Letztes Feedback


http://myblog.de/lookxh

Gratis bloggen bei
myblog.de





 
警察署でガソリンかぶった

イルムガンドの戦いに混ざろうと足に力を込める。  ほぼ同時に。  ジンがイルムガンドから距離を取った。  それも意図しての展開ではなく、緊急回避を思わせる様子で。 「来るつもりなら気いつけろ! センパイ、何かやばい感じだ」 「りょーかーい!!」  派手な打ち合いを繰り広げながら、仲間二人の様子にも気を配っていたジンがユーノの気勢を察して忠告する。  軽い口調で怒りを時に見せながら戦ってはいるものの、ジンは冷静に戦況を把握していた。時計 パネライ (こいつ、やばいってか変だな。打っても打っても動きは鈍らねえし、意識も飛ばせねえ)  所々に鋭い技を見せる事はあっても、基本的にイルムガンドは力任せの戦い方をしている。  大剣を振り回して相手に叩きつけ、ダメージを与える。  剣の使い方という点では剣技を身につけた者のそれだが、その思考は力一色に染まっている。  明らかに普段の彼では無い。  先日彼と刃を交えたジンから見ても、異常を感じる程度にはおかしかった。 「審判! これ、続けて大丈夫なんすね!? 先輩、明らかに変ですけど?」 「全部、あいつさえいなければ……あいつさえ……」 「……戦闘継続の意思は感じられる。ドールを見る限り、君の攻撃のダメージは大した事は無い。継続しなさい」  審判はドールでダメージの判断をしている。  それが無事である以上、気絶などをしない限りは決着としない意向のようだ。  ホープレイズの金が絡んでいるのか。  一瞬、そんな考えがよぎったジンだったが、審判の好みの範囲かもしれないと思い直す。  それに、継続で良いと言うのなら、少しでも早く終わらせてしまえば、このおかしな事に振り回される事も無いだろうと考えた。 「お、俺はっ! 勇者様と、理想、理想をっ。ライドウ、ライドウ!! 邪魔をするなっ」  吠えるイルムガンド。その口が怨嗟の中で吐いた名前はライドウ。  ジンでもユーノでもイズモでも無い。  そして、これまでよりも一層、力強さが増した。  体そのものが一回り大きくなったようにジンには感じられる。  武器を持つジンの手が微かに震えた。  表情にも苦々しい色が混ざる。 「……知るかよ! 俺は先生じゃねえし、お前の理想なんてどうでも良い。大会で汚い事をするような手合いが語る理想なんざ聞く価値も感じねえしなぁ!!」  イルムガンドの言葉を切り捨ててジンが、上段から振り下ろされる大剣をかいくぐってイルムガンドに迫る。  空いた手がフックをジンに放つも、繰り返された剣と拳の連携が彼を捉えることは出来なかった。 (嫌な予感がどんどん強くなりやがる。何を仕込んでいるのか知らねえけど、さっさと終わらせるに限る。あの様子だとユーノとイズモも何か用意しているようだし、畳み掛ければあるいは終わりに出来るか……?)  ジンの体がバネの様に縮む。  その身を一撃の突きを放つ発射台にする為に。腕時計 メンズ ブランド  解放された体は半身になり、右手で放たれた突きは正確にイルムガンドの下顎を狙っていた。 「ユーノ、イズモ! 何かやるつもりなら合わせろ! 畳み掛けるぞ!」  当たる。  そう思ったジンは目を一瞬仲間の方に向けて確認の意味を込めて自分の意思を伝える。  既に、彼らも動き出している。  恐らくは自分の動きに連動しての事だと思いながら、自身が起点になる事を明確に伝えた。  ここで予想が外れる。  ジンの突きはイルムガンドの下顎を打つ事が出来なかった。  僅かに身を低くしたイルムガンドは事もあろうに迫る切先を顔、正確には口で止めた。  歯で、がっちりとジン http://www.watchsruler.com
10.9.13 10:39
 


Werbung


bisher 0 Kommentar(e)     TrackBack-URL

Name:
Email:
Website:
E-Mail bei weiteren Kommentaren
Informationen speichern (Cookie)



 Smileys einfügen



Verantwortlich für die Inhalte ist der Autor. Dein kostenloses Blog bei myblog.de! Datenschutzerklärung
Werbung